レンタルスペース経営者が集客率を上げるためにすること

レンタルスペースビジネスは、競争の時代へ

ニーズを捉えることによって、ビジネスチャンスは広がります。

シェアリングエコノミーとは、シェア=共有・エコノミー=経済、つまり「共有経済」のことで、一つのものをみんなでシェアして、ビジネスにも結びつけようという考え方です。モノや場所場合によっては人材などの遊休資産を、ネットなどを通じて、賃借や交換・売買していきます。
2007年に始められた某サイトの宿泊施設・民宿を貸し出す人向けのビジネススタイルが、あっという間に世界中に広まり、今では行政側でも調査・研究が進められています。
従来のレンタカーとは違う、カーシェアリングもシェアリングエコノミーの一種です。
スペースマッチングもレンタルスペースも、その意味でシュアリングエコノミーの一種です。
レンタルスペースと言い方こそ、最近に定着しました。しかし以前から見本市会場が商品展示会・説明会などで、企業間同士のビジネスの場として広く使われてきました。
結婚式場や葬儀場なども、冠婚葬祭という人生における極めて限定的な時間・限定的な目的のための、レンタルスペースといえるでしょう。冠婚葬祭のためのそれ専用の場所の期間限定での利用は、まさに昔からあるサービスといえます。
料金を取らないと範囲を広げるならば、公共施設の図書館なども、利用者の学習のために机と椅子などが用意されたスペースといえます。
レンタルスペースのサービスは、新しいようで実は以前からのいろいろなノウハウが蓄積されてきています。昔と比べて何が変わったか、あるいは変わっていないのはどの点なのか、ビジネスとしてレンタルスペースが今後どのようになるのかの参考になります。


ページ
先頭へ